映画一覧

映画『鑑定士と顔のない依頼人』について

あらすじ

だが、女性と接するのが非常に苦手で、女性を目の前にすると気分が悪くなる為隠し部屋に大量の女性の肖像画を飾り鑑賞する

ある日ヴァージルのもとに、電話を通じて依頼が入る。

依頼内容は両親が死去したので、両親が収集していた美術品を競売にかけて欲しいというものだった。

邸宅の近所のバーにいた小人症の客に、邸宅に何度も家具が運びいれられ運び出されていたこと、邸宅から若い女性(クレア)が度々外出していたこと、そして彼女(バーの小人症の客)が邸宅の本当の持ち主で他人に邸宅を貸すことがあったことを告げられる。

依頼人の邸宅には確かに様々な美術品が置いてあったが、当の依頼人であるクレア(シルヴィア・フークス)

クレアはしく若い女性であった。

何度か足を運ぶと依頼人のクレアは隠し部屋に引きこもっていることが分かった。

クレアは広場恐怖症で長年引きこもっており、作家として生計

唯一遺された女性の肖像画は元々クレアの邸宅にあったもので、裏にはなぜか「親愛と感謝をこめて」

依頼人が姿を表さないという前代未聞の依頼であったが、ヴァージルは扉越しに接するうちに、クレアの容姿に興味を持ち、ある日クレアの容姿を盗み見る。

結婚を機にヴァージルは引退を決意し、会場では様々な人から祝福され、ビリーからは「俺の絵の才能を認めてくれなかったのが残念だったが、お祝いに絵画を送ったよ」と絵画を送ってもらう。

遂にクレアとの直接対面を果たし、クレアに自分のコレクション非常に親しくなる。

クレアが話していた思い出の飲食店で一人食事をする。

ヴァージルは帰宅するがヴァージルは愕然とする。

ロバートの店とクレアの邸宅はもぬけの殻になっており、連絡も一切取れなくなってしまう。

作品情報

タイトル

鑑定士と顔のない依頼人

原題

LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER

製作年度

2013年

上映時間

131分

製作国

イタリア

ジャンル

ロマンス

監督

ジュゼッペ・トルナトーレ

脚本

ジュゼッペ・トルナトーレ

音楽

エンニオ・モリコーネ

登場人物

ロバート(ジム・スタージェス)

機械職人。ヴァージルがクレア邸で見つけたオートマタ(機械人形)の部品の修理を依頼する。ロバートは男前で女性関係が派手だったことから、クレアとの事も相談するようになる。

ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)

天才的な審美眼を持つ鑑定士。人生で一度も女性と付き合ったことがない。手袋を常に着用するほどの潔癖症。

ビリー・ホイッスラー(ドナルド・サザーランド)

ヴァージルのオークション不正取引の仲間で元画家。昔ヴァージルに絵の才能が無いと言われその道を諦める。

クレア・イベットソン(シルヴィア・フークス)

急死した両親の遺品の鑑定ををヴァージルに依頼する。広場恐怖症という病気で人前に出ることができない。


映画『クワイエットルームにようこそ』あらすじ、作品情報

あらすじ

28歳のフリーライター・佐倉明日香は、ある朝目覚めると見知らぬ白い部屋にいた。

そこは「クワイエットルーム」と呼ばれる、女子専用の精神病院の閉鎖病棟。

ストレスの捌け口として大量摂取した睡眠薬が原因で意識を失い、オーバードースを患った自殺志願者とされてしまったのだ。

突如として放り込まれた異質な環境に戸惑う明日香であったが、尊大な看護師・江口や入院初日に出会った少女・ミキ、元AV女優の西野ら個性的な患者達と接し、次第に閉鎖病棟に馴染んでいく。

同時に日常から離れた明日香は、自身とその人生を見つめ直し始める。

退院に向けて、奇妙な仲間たちと過ごす14日間が始まった。

登場人物

佐倉 明日香 – 内田有紀

焼畑 鉄雄 – 宮藤官九郎

ミキ – 蒼井優

江口 – りょう

山岸 – 平岩紙

栗田 ノリコ – 中村優子

サエ – 高橋真唯

患者 – 箕輪はるか(ハリセンボン)

明日香の友達 – 近藤春菜(ハリセンボン)

松原 – 庵野秀明

白井 ‐ 徳井優(声;伊勢志摩)

婦長 ‐ 峯村リエ

明日香の元旦那 – 塚本晋也

コモノ – 妻夫木聡

金原夫人 ‐ 筒井真理子

チリチリ ‐ 馬渕英俚可

西野 – 大竹しのぶ

作品情報

タイトル

クワイエットルームにようこそ

製作年度

2007年

上映時間

118分

製作国

日本

ジャンル

ドラマ

コメディ

監督

松尾スズキ

原作

松尾スズキ

脚本

松尾スズキ

音楽

門司肇

森敬


映画『靴職人と魔法のミシン』あらすじ、作品情報

あらすじ

ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖より代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身する。

日常生活が退屈で仕方がなかったマックスだったが、ある日、先祖代々のミシンを使っていると、靴の持ち主の世界に入り込んでしまった。

魔法のミシンによって他人の人生を体験できる楽しさに夢中になった彼は親孝行を思い立つが、予期せぬトラブルが生じ……。

ニューヨークの下町にある小さな靴修理店で働く中年男マックス(アダム・サンドラー)は、老母と生活しながら特に何の変化もない毎日を送っていた。

他者の世界を体験しながら、マックスは本当の自分を見つけていくのだった。

マックス・シムキンは今日も靴を修理していた

。シムキンの家は何世代にもわたってニューヨークで靴屋を営んできた。

登場人物

アブラハム・シムキン(ダスティン・ホフマン)

マックスの父親。数年前から行方不明。

エレーン・グリーナウォルト(エレン・バーキン)

実業家。闇組織と繋がりがある。

ジミー(スティーブ・ブシェミ)

マックスの靴修理屋の隣で散髪屋を営む。

マックス・シムキン(アダム・サンドラー)

物語の主人公。父の後を継いで靴職人をしている。

レオン・ラドロー(メソッド・マン)

マックスの靴修理屋に来た客。裏の仕事をしている。

作品情報

タイトル

靴職人と魔法のミシン

原題

THE COBBLER

製作年度

2014年

上映時間

98分

製作国

アメリカ

ジャンル

コメディ

ドラマ

ファンタジー

監督

トム・マッカーシー

製作総指揮

ニコラス・シャルティエ

ゼヴ・フォアマン

マイケル・ベダーマン

脚本

トム・マッカーシー

ポール・サド

音楽

ジョン・デブニー

ニック・ウラタ

 


映画『パシフィック・リム』日本の特撮へのリスペクトを感じる作品

映画『パシフィック・リム』は巨大怪獣が突然現れて、そいつらを倒すために人類は「イエーガー」っていう巨大ロボットを作って対抗するって話です。

作品情報

あらすじです。

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。

IFrame

映画『パシフィック・リム』見どころ

タイトルにも書きましたが、パシフィック・リムは日本愛に満ち溢れた作品になっています。

これはギレルモ・デル・トロ監督がエンドロールで「この映画をモンスター・マスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」って言ってるから間違いないんです。

映画を見てみると、確かにどこか昔見たことがあるような懐かしロボットアニメ(特撮)の雰囲気を感じます。

マジンガーZや鋼鉄ジーグなどの合体ロボットアニメっぽいギミックも登場して、中年男子たちは胸アツで見れるんではないでしょうか。

また、敵の怪獣も英語で「kaijyu」と呼ばれてる辺り、かなり日本贔屓ですよね。

それに日本人俳優がかなり重要な役どころで出演しています。

一人は菊地凛子さん。

メインロボットのイエーガーに乗り込むパイロットとして出演しています。

また、過去に隊長に助けられた過去を持つなど、その背景も作り込まれていて、なかなか美味しい役どころです。

もうひとりは芦田愛菜さん。
芦田愛菜さんは菊地凛子さんの子供の頃の役です。
先程の隊長に助けられた時を描いたシーンで出てきます。

映画『パシフィック・リム』まとめ

パシフィック・リムは男子にはかなり受けがいい映画だと思います。

ロボットアニメを全力で実写化したらこうなった!というような素晴らしいできになっています。

日本のアニメや特撮に影響を受けているっていうのも嬉しいですよね。
ぜひ、ご覧ください。

 


映画『グラディエーター』あらすじ、作品情報

あらすじ

ネルウァ=アントニヌス朝のローマ帝国。

マキシマス・デシムス・メレディウスは、ゲルマニア遠征で、蛮族との決戦

ローマ軍から遣わされた使者が斬首され、その首が晒されの戦闘が始まる。

ローマ帝国軍は東方属州からの弓兵隊や工兵隊のカタパルトを駆使して森林地帯に潜むゲルマニア軍に砲撃

軍団兵は苦戦を強いられる

マキシマスは蛮族を背後から強襲して敵将を討ち取り勝利

皇帝アウレリウスは帝国の崩壊が近い事を悟る

賢帝と名高いアウレリウスはマキシマスの勇敢かつ無欲な部分を気に入っていた。

ローマを根本的に立て直すには、民衆が貴族と同等に政治を行っていた共和政へ戻す必要がある

マキシマスに帝位を譲ることが最良

コモドゥスは、父の愛情が自身に向けられていない事を不安に感じ

アウレリウスはマキシマスを自らの天幕に呼び寄せ、戦いの愚かさについて説く。

マキシマスは「帝位を継ぐ気でいるコモドゥスはどうなるのか」と尋ねるが、アウレリウスは「君主の器ではない」と一蹴

登場人物

マキシマス・デシマス・メレディウス:ラッセル・クロウ

ルキウス・アウレリウス・コモドゥス:ホアキン・フェニックス

ルシッラ:コニー・ニールセン

ルキウス・ウェルス:スペンサー・トリート・クラーク

マルクス・アウレリウス:リチャード・ハリス

クィントゥス:トーマス・アラナ

グラックス議員:デレク・ジャコビ

ガイウス議員:ジョン・シュラプネル

ファルコ議員:デヴィッド・スコフィールド

シセロ:トミー・フラナガン

作品情報

タイトル

グラディエーター

原題

GLADIATOR

製作年度

2000年

上映時間

155分

製作国

アメリカ

ジャンル

アクション

アドベンチャー

監督

リドリー・スコット

製作総指揮

ローリー・マクドナルド

ウォルター・F・パークス

脚本

デヴィッド・フランゾーニ

ジョン・ローガン

ウィリアム・ニコルソン

音楽

ハンス・ジマー