アニメ『恋は雨上がりのように』ネタバレ感想|年の離れた二人のラブストーリー

あらすじ

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。
海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。

TVアニメ「恋は雨上がりのように」 本予告PV

登場人物

橘 あきら(たちばな あきら)

声:渡部紗弓

物語の主人公。風見沢高校に通う、17歳の女子高生。

感情表現が乏しく誤解されることが多い。

陸上部に所属していたが足をケガして部活を辞める。

足の経過を診てもらっている病院の帰りに立ち寄ったファミレス『ガーデン』で店長である近藤と出会い、恋に落ち、その後、自らもガーデンでアルバイトするようになる。

近藤 正己(こんどう まさみ)

声:平田広明

あきらのバイト先のファミレス「ガーデン」の店長。45歳バツイチ息子一人。

読書(特に純文学)好きで学生時代は文芸サークルに所属していた。

若い頃は作家を目指していたが、自分にはその才能がないと知り、平凡の人生を歩むようになる。

あきらに気持ちを打ち明けられたことによって、昔の自分を思い出すが、今の自分ではあきらの気持ちに応えられないと思っている。

喜屋武 はるか(きゃん はるか)

声:宮島えみ

あきらの同級生で幼なじみ。陸上部所属。

あきらが陸上部を辞め疎遠になっていくことに寂しさを感じ、あきらを陸上部に戻そうと試行錯誤する。

西田 ユイ(にしだ ユイ)

声:福原遥

ガーデンのアルバイト。ホール担当。

あきらとは別の高校に通う女子校生。性格が明るくおしゃべり好き。アルバイトの同僚、吉澤のことを好きになる。

美容師の姉に憧れて、自身も美容師を目指して勉強中。

加瀬 亮介(かせ りょうすけ)

声:前野智昭

ガーデンのアルバイト。キッチン担当。

イケメン。チャラ男。

あきらの近藤への気持ちを知り、「その事を内緒にする代わりにデートして」と要求してくる。

「近藤との恋はうまくいかない」と、あきらに言いつつも、二人の事を気にかける一面も持ち合わせる。

吉澤 タカシ(よしざわ タカシ)

声:池田純矢

ガーデンのアルバイト。キッチン担当。

あきらの同級生。

あきらのことが好きでガーデンにバイトとして追いかけてきて、あきらにアプローチをするが、いつも交わされて泣いている。

各話紹介

  • 第1話    雨音
  • 第2話    青葉雨
  • 第3話    雨雫
  • 第4話    漫ろ雨
  • 第5話    香雨
  • 第6話    沙雨
  • 第7話    迅雨
  • 第8話    静雨
  • 第9話    愁雨
  • 第10話    白雨
  • 第11話    叢雨
  • 最終話    つゆのあとさき

参考サイト

映画『恋は雨上がりのように』はなぜ説得力がある?

『恋は雨上がりのように』は青春映画の新たな名作!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする