映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』作品情報

作品概要

パンアメリカン航空のパイロットや医師、弁護士に偽装し1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル・Jrと、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティの姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。

FBI捜査官カール・ハンラティは実在の人物ではない、

ヤヌス・カミンスキーがコメディの撮影をし、また、劇中に1960年代のヒット曲をちりばめている。

マーティン・シーンやナタリー・バイを始め、重要な脇役を名優でそろえてあり、フランクの父を演じたクリストファー・ウォーケンは、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演男優賞を受賞

アバグネイルは21歳で逮捕され刑に服した後、その才能を生かして詐欺防止を中心とした金融コンサルタント会社を設立。

世界中に多くの顧客を抱え大成功している。

逮捕したフランス警察の1人としてカメオ出演

キャスト

ブレンダ・ストロング – エイミー・アダムス

アシュレイ – ジェニファー・マンレー

支配人 – スティーヴ・ウィッティング

本人役 – キティー・カーライル

シェリル・アン – ジェニファー・ガーナー

ホテル支配人 – ロバート・ルース

ジャック・バーンズ – ジェームズ・ブローリン

キャロル・ストロング – ナンシー・レネハン

アール・アムダースキー – ブライアン・ホウ

ジョアンナ – ケイトリン・ダブルデイ

融資担当者 – マシュー・キンブロー

男性 – ジャック・ナイト

生徒 – ジョシュア・コリンズ

トム・フォックス – フランク・ジョン・ヒューズ

ポーラ・アバグネイル – ナタリー・バイ

フランクの父 – クリストファー・ウォーケン

ロジャー・ストロング – マーティン・シーン

ルーシー – エリザベス・バンクス

ダーシー – キャンディス・アザラ

エヴァンス校長 – トーマス・コパッチ

ポール・モーガン – スティーヴ・イースティン

フランク・W・アバグネイル・Jr – レオナルド・ディカプリオ

カール・ハンラティ – トム・ハンクス

ケスナー – アレックス・ハイド=ホワイト

作品情報

タイトル:キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

原題:CATCH ME IF YOU CAN

製作年度:2002年

上映時間:141分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、ドラマ

監督:スティーヴン・スピルバーグ

製作総指揮:バリー・ケンプ、ローリー・マクドナルド、アンソニー・ロマーノ、ミシェル・シェーン

原作:フランク・W・アバグネイル、スタン・レディング

脚本:ジェフ・ナサンソン

音楽:ジョン・ウィリアムズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする