映画『チャーリーとチョコレート工場』あらすじ、作品情報

あらすじ

世界中で大人気のウィリー・ウォンカ製のお菓子。

工場の中は完全非公開であり、謎に満ちていた。

ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴らしい副賞がつく」という告知

引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛み勝利にこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリー

途中でさまざまなハプニングが起こり、子供たちは一人ずつ脱落していく。

最後に残ったチャーリーに「副賞」を与えようとするが、チャーリーに提示された交換条件は「家族を捨てること」

チャーリーはこれを辞退した。

予想外の展開にすっかり意気消沈したウォンカだったが、チャーリーの後押しによって彼自身のトラウマを解決できたことで、改めてチャーリーに「副賞」を受け取るように打診する。ウォンカは、これを受け入れたバケット一家と「とびきり甘い」人生を送ることとなった。

登場人物

ウィリー・ウォンカ

チャーリー・バケット

バケット氏

バケット夫人

ジョーおじいちゃん

ジョゼフィーンおばあちゃん

ジョージおじいちゃん

ジョージーナおばあちゃん

ウンパ・ルンパ

オーガスタス・グループ

バイオレット・ボーレガード

ベルーカ・ソルト

マイク・ティービー

ウィルバー・ウォンカ

作品情報

タイトル

チャーリーとチョコレート工場

原題

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

製作年度

2005年

上映時間

115分

製作国

アメリカ,イギリス

ジャンル

コメディ

ファンタジー

監督

ティム・バートン

製作総指揮

マイケル・シーゲル

ブルース・バーマン

グレアム・バーク

フェリシティ・ダール

パトリック・マコーミック

原作

ロアルド・ダール

脚本

ジョン・オーガスト

音楽

ダニー・エルフマン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする