2019年01月一覧

アニメ『恋は雨上がりのように』ネタバレ感想|年の離れた二人のラブストーリー

あらすじ

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。
海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。

TVアニメ「恋は雨上がりのように」 本予告PV

登場人物

橘 あきら(たちばな あきら)

声:渡部紗弓

物語の主人公。風見沢高校に通う、17歳の女子高生。

感情表現が乏しく誤解されることが多い。

陸上部に所属していたが足をケガして部活を辞める。

足の経過を診てもらっている病院の帰りに立ち寄ったファミレス『ガーデン』で店長である近藤と出会い、恋に落ち、その後、自らもガーデンでアルバイトするようになる。

近藤 正己(こんどう まさみ)

声:平田広明

あきらのバイト先のファミレス「ガーデン」の店長。45歳バツイチ息子一人。

読書(特に純文学)好きで学生時代は文芸サークルに所属していた。

若い頃は作家を目指していたが、自分にはその才能がないと知り、平凡の人生を歩むようになる。

あきらに気持ちを打ち明けられたことによって、昔の自分を思い出すが、今の自分ではあきらの気持ちに応えられないと思っている。

喜屋武 はるか(きゃん はるか)

声:宮島えみ

あきらの同級生で幼なじみ。陸上部所属。

あきらが陸上部を辞め疎遠になっていくことに寂しさを感じ、あきらを陸上部に戻そうと試行錯誤する。

西田 ユイ(にしだ ユイ)

声:福原遥

ガーデンのアルバイト。ホール担当。

あきらとは別の高校に通う女子校生。性格が明るくおしゃべり好き。アルバイトの同僚、吉澤のことを好きになる。

美容師の姉に憧れて、自身も美容師を目指して勉強中。

加瀬 亮介(かせ りょうすけ)

声:前野智昭

ガーデンのアルバイト。キッチン担当。

イケメン。チャラ男。

あきらの近藤への気持ちを知り、「その事を内緒にする代わりにデートして」と要求してくる。

「近藤との恋はうまくいかない」と、あきらに言いつつも、二人の事を気にかける一面も持ち合わせる。

吉澤 タカシ(よしざわ タカシ)

声:池田純矢

ガーデンのアルバイト。キッチン担当。

あきらの同級生。

あきらのことが好きでガーデンにバイトとして追いかけてきて、あきらにアプローチをするが、いつも交わされて泣いている。

各話紹介

  • 第1話    雨音
  • 第2話    青葉雨
  • 第3話    雨雫
  • 第4話    漫ろ雨
  • 第5話    香雨
  • 第6話    沙雨
  • 第7話    迅雨
  • 第8話    静雨
  • 第9話    愁雨
  • 第10話    白雨
  • 第11話    叢雨
  • 最終話    つゆのあとさき

参考サイト

映画『恋は雨上がりのように』はなぜ説得力がある?

『恋は雨上がりのように』は青春映画の新たな名作!


映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』作品情報

作品概要

パンアメリカン航空のパイロットや医師、弁護士に偽装し1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル・Jrと、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティの姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。

FBI捜査官カール・ハンラティは実在の人物ではない、

ヤヌス・カミンスキーがコメディの撮影をし、また、劇中に1960年代のヒット曲をちりばめている。

マーティン・シーンやナタリー・バイを始め、重要な脇役を名優でそろえてあり、フランクの父を演じたクリストファー・ウォーケンは、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演男優賞を受賞

アバグネイルは21歳で逮捕され刑に服した後、その才能を生かして詐欺防止を中心とした金融コンサルタント会社を設立。

世界中に多くの顧客を抱え大成功している。

逮捕したフランス警察の1人としてカメオ出演

キャスト

ブレンダ・ストロング – エイミー・アダムス

アシュレイ – ジェニファー・マンレー

支配人 – スティーヴ・ウィッティング

本人役 – キティー・カーライル

シェリル・アン – ジェニファー・ガーナー

ホテル支配人 – ロバート・ルース

ジャック・バーンズ – ジェームズ・ブローリン

キャロル・ストロング – ナンシー・レネハン

アール・アムダースキー – ブライアン・ホウ

ジョアンナ – ケイトリン・ダブルデイ

融資担当者 – マシュー・キンブロー

男性 – ジャック・ナイト

生徒 – ジョシュア・コリンズ

トム・フォックス – フランク・ジョン・ヒューズ

ポーラ・アバグネイル – ナタリー・バイ

フランクの父 – クリストファー・ウォーケン

ロジャー・ストロング – マーティン・シーン

ルーシー – エリザベス・バンクス

ダーシー – キャンディス・アザラ

エヴァンス校長 – トーマス・コパッチ

ポール・モーガン – スティーヴ・イースティン

フランク・W・アバグネイル・Jr – レオナルド・ディカプリオ

カール・ハンラティ – トム・ハンクス

ケスナー – アレックス・ハイド=ホワイト

作品情報

タイトル

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

原題

CATCH ME IF YOU CAN

製作年度

2002年

上映時間

141分

製作国

アメリカ

ジャンル

コメディ

ドラマ

監督

スティーヴン・スピルバーグ

製作総指揮

バリー・ケンプ

ローリー・マクドナルド

アンソニー・ロマーノ

ミシェル・シェーン

原作

フランク・W・アバグネイル

スタン・レディング

脚本

ジェフ・ナサンソン

音楽

ジョン・ウィリアムズ

参考サイト

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン – Wikipedia

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン – 作品 – Yahoo!映画

【フェアリーゴーン】4話


アニメ『いぬやしき』中年オヤジが大活躍する

アニメ『いぬやしき』は奥浩哉さん原作のマンガのアニメ化です。

漫画雑誌『イブニング』にて、2014年4号から2017年16号まで連載されていました。

作品情報

あらすじ

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。
その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。
自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

TVアニメ「いぬやしき」本予告PV

 

キャラクター

犬屋敷壱郎(いぬやしきいちろう)

声:小日向文世

物語の主人公。妻と娘、息子の4人家族の58歳。58歳に見えないほど老けている。

獅子神 皓(ししがみ ひろ)

声:村上虹郎

高校生。犬屋敷壱郎と同じく公園で宇宙人の事故に巻き込まれ機械の身体となる。

安堂 直行(あんどう なおゆき)

声:本郷奏多

獅子神の幼馴染。獅子神からは「チョッコー」と呼ばれる。学校でいじめにあい不登校になる。

犬屋敷 麻理(いぬやしき まり)

声:上坂すみれ

犬屋敷壱郎の長女。両親に似ずに美人。安堂と獅子神のクラスメイト。

渡辺 しおん(わたなべ しおん)

声:諸星すみれ

獅子神のクラスメイト。獅子神のことを慕っている。

 

見どころ

アニメ『いぬやしき』の主人公は犬屋敷壱郎という中年のおじさんです。

犬屋敷一郎は宇宙人の宇宙船事故によって機械の体になり、同じく、機械の体になった獅子神と戦うことになります。

犬屋敷一郎は機械の体になったことで、人助けをして生きがいを感じます。

かたや獅子神はその力を人殺しに使ってしまうのです。

機械の体になって出来ること、空を飛んだり、ビームを出したり。

あとは車を遠隔で操縦したりもできます。

一番すごいのは病気や怪我をした人に手をかざすだけで直す事ができる。

まるで超能力です。

犬屋敷一郎の声優には俳優の小日向文世さんが担当しています。

これはぴったりハマっていました。

獅子神の声は村上虹郎くん。

村上虹郎くんは俳優の村上淳さんと歌手のUAさんの息子さんです。

 

まとめ

アニメ『いぬやしき』は奥浩哉らしい、SF要素の入った作品です。

『いぬやしき』はアニメ化だけではなく、映画化も予定されています。

参考サイト

アニメ情報 – TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

【鬼滅の刃】 第1話

[第1話]鬼滅の刃 – 吾峠呼世晴 | 少年ジャンプ+

鬼滅の刃 – 本編 – 第1話 残酷 | 【Abemaビデオ】


映画『キューティ・ブロンド』あらすじ作品情報

あらすじ

エル・ウッズは、ブランド・ファッションで身を固めた典型的なValley girlで、CULAでファッション・マーチャンダイジングを学び社交クラブ、デルタ・ヌーの会長。

彼氏のワーナー・ハンティントンは「30歳までに上院議員を目指す。

エルを振る。

、彼と同じハーバード大学のロー・スクールに行くことを決意

社交クラブの友人の協力のもと、ロー

クリア、ビキニ姿で登場したアプリケーション・ビデオが功を奏したのか、見事難関に合格して、愛犬のブルーザーと一緒に学生寮へ入る。

ロー・スクールでは、ワーナーはすでにヴィヴィアン・ケンジントンという優等生の婚約者

教授や他学生からはその浮きまくったスタイルや言動から批判的な視線を浴びる。

次第に一人前の立派な弁護士になることへと移っていく。

ヘア&ネイルーレット・ボニファンテと知り合い、

輩エメット・リッチモンドに講義のコツを教わり

ストームウェルにシゴかれ、おシャレなノートパソコンで勉強し、フィットネス・トレーニングうとう凄腕弁護士で教授でもあるキャラハンの法律事ワーナー、ヴィヴィアンと一緒に実習生として選ばれて学ぶ

ブルックはデルタ・ヌーでのエルの先輩

目撃証人としてプール係のチャック・サルヴァトーレと夫の娘がいた。

証人に対する反対尋問の間際にエルは、自分の靴が去年のプラダであることを指摘したサルあることを知り(ブランドにくわしい男性はゲイ)、キャラハンはあり得ない(証人としての発言に疑義がある)ということを暴く。

しかしその後、キャラハンはエルにセクハラもどきの行為をし、怒った彼女はロ所での実習を辞めると宣言する。

そんな彼女を止めたのはエメットとポーレット、それにポーレットの店に居合わせたスト

エメットは被告人のブルックやヴィヴィアンたちと相談して一計を案じる。

翌日、ブルックはキャラハンを解雇して、新しい弁護人としてエルを指名し、その補佐をエメットがすることになる(マサチューセッツ州の法規とし士がいれば弁護人になることができる)。

エルは娘への反対尋問で、事件うことはありえない、なぜならパーマを当ててから24時間は頭を洗ってはいけないから、という、おシャレな女性なら誰でも知っている事実を指摘し、娘の犯行であることを暴く。

事件解決後、見かけとは裏腹のエルの才能と努力に心を変えたワーナーは、改めて彼女ーズしなおすが、エルは「30歳までに自分の法律事務所を持ちたいからお断り」とワーナーを振る。

登場人物

エル・ウッズ/演:リース・ウィザースプーン

エメット・リッチモンド/演:ルーク・ウィルソン

ストームウェル/演: ホランド・テイラー

ヴィヴィアン・ケンジントン/演:セルマ・ブレア

ワーナー・ハンティントン/演:マシュー・デイビス

キャラハン教授/演:ヴィクター・ガーバー

ブルック・テイラー・ウィンダム/演:アリ・ラーター

ウィンダム・ヴァンダーマーク夫人/演:ラクエル・ウェルチ

ポーレット/演:ジェニファー・クーリッジ

マーゴット/演:ジェシカ・コーフィール

セリーナ/演:アラナ・ユーバック

作品情報

タイトル:キューティ・ブロンド

原題:LEGALLY BLONDE

製作年度:2001年

上映時間:96分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、ロマンス

監督:ロバート・ルケティック

原作:アマンダ・ブラウン

脚本:カレン・マックラー・ラッツ、キルステン・スミス

音楽:ロルフ・ケント

おすすめ記事

アニメ「文豪ストレイドッグス」公式サイト

【文豪ストレイドッグス】 30話

『文豪ストレイドッグス』コミックス公式サイト|KADOKAWA


映画『チャーリーとチョコレート工場』あらすじ、作品情報

あらすじ

世界中で大人気のウィリー・ウォンカ製のお菓子。

工場の中は完全非公開であり、謎に満ちていた。

ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は工場を見学する権利が与えられ、さらにそのうちの一人には想像を絶する素晴らしい副賞がつく」という告知

引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛み勝利にこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリー

途中でさまざまなハプニングが起こり、子供たちは一人ずつ脱落していく。

最後に残ったチャーリーに「副賞」を与えようとするが、チャーリーに提示された交換条件は「家族を捨てること」

チャーリーはこれを辞退した。

予想外の展開にすっかり意気消沈したウォンカだったが、チャーリーの後押しによって彼自身のトラウマを解決できたことで、改めてチャーリーに「副賞」を受け取るように打診する。ウォンカは、これを受け入れたバケット一家と「とびきり甘い」人生を送ることとなった。

登場人物

ウィリー・ウォンカ

チャーリー・バケット

バケット氏

バケット夫人

ジョーおじいちゃん

ジョゼフィーンおばあちゃん

ジョージおじいちゃん

ジョージーナおばあちゃん

ウンパ・ルンパ

オーガスタス・グループ

バイオレット・ボーレガード

ベルーカ・ソルト

マイク・ティービー

ウィルバー・ウォンカ

作品情報

タイトル

チャーリーとチョコレート工場

原題

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

製作年度

2005年

上映時間

115分

製作国

アメリカ,イギリス

ジャンル

コメディ

ファンタジー

監督

ティム・バートン

製作総指揮

マイケル・シーゲル

ブルース・バーマン

グレアム・バーク

フェリシティ・ダール

パトリック・マコーミック

原作

ロアルド・ダール

脚本

ジョン・オーガスト

音楽

ダニー・エルフマン


映画『死ぬまでにしたい10のこと』作品情報

あらすじ

カナダのバンクーバーが舞台。幼い娘2人と失業中の夫と共に暮らすアンは、ある日腹痛のために病院に運ばれ、検査を受ける。
だがある日、彼女は突然腹痛に襲われて病院に運ばれる。
そして検査の結果、医師から余命2ヵ月の宣告を受ける。若さのせいでガンの進行が早く、すでに全身に転移してしまっていた。
アンはこのことを誰にも打ち明けないと決意し、ノートに死ぬまでにしたいことを書き出していった。それはちょうど10項目になった。
その結果、癌であることが分かり、23歳にして余命2ヶ月の宣告を受けてしまう。
その事実を誰にも告げないことを決めたアンは、「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き出し、一つずつ実行してゆく。

アンが作ったリスト『死ぬまでにしたい10のこと』

  1. 娘たちに毎日愛してると言う
  2. 娘たちの気に入る新しいママを探す
  3. 娘たちが18歳になるまで、誕生日のメッセージを贈る
  4. 家族でビーチへ行く
  5. 好きなだけお酒とタバコを楽しむ
  6. 思ってることを話す
  7. 夫以外の人とつきあってみる
  8. 男性を夢中にさせる
  9. 刑務所のパパに会う
  10. 爪とヘアスタイルを変える

作品情報

タイトル:死ぬまでにしたい10のこと
原題:MY LIFE WITHOUT ME
製作年度:2003年
上映時間:106分
製作国:カナダ、スペイン
ジャンル:ドラマ、ロマンス
監督:イザベル・コヘット
製作総指揮:アグスティン・アルモドバル、ペドロ・アルモドバル、オグデン・ギャヴァンスキー
脚本:イザベル・コヘット

参考サイト

死ぬまでにしたい10のこと – Wikipedia

死ぬまでにしたい10のこと – 作品 – Yahoo!映画

おすすめ記事

アニメについて【AB夫(えびお)のシコウサクゴ】


映画『ハードコア』あらすじ、詳細

あらすじ

ヘンリーはロシア高空に存する研究施設で目を覚ます。

記憶を失っていた彼はエステルという自分の妻を名乗る女性によってサイボーグ手術が施され

失った声帯の修復が行われようとしていた

研究所が襲撃され、ヘンリーはエステルと共に地上に脱出

待ち構えていたエイカンの部下によってエステルは拉致

声すら出せい状況で彼はジミーという男に窮地を救われる。

エイカンの部下の追撃によってジミーはすぐに死亡してしまうが直ぐに全く性格の違うジミーが現れ、ヘンリーをサポート

ジミーはエイカンの手によって重傷を負い、自分のクローンを量産していた

ジミーの話でエイカンが死人をサイボーグに改造して量産することで世界を牛耳ろうと目論んでいたことを知ったヘンリーはジミーと協力し、エステルを奪回するためにエイカン一味に戦い

登場人物

  • ヘンリー – セルゲイ・ヴァルヤエフ、アンドレイ・デミエンティエフ、イリヤ・ナイシュラー
  • ジミー – シャールト・コプリー
  • エイカン – ダニーラ・コズロフスキー
  • エステル – ヘイリー・ベネット
  • ヘンリーの父 – ティム・ロス
  • スリック・ディミトリ – アンドレイ・デミエンティエフ
  • カーチャ – ダーシャ・チャルーシャ
  • オルガ – スヴェトラーナ・ウスティノヴァ
  • ティモシー、傭兵 – イリヤ・ナイシュラー
  • ロビー – ウィル・スチュワート
  • ユーリ – オレグ・ポデュブニー

作品情報

タイトル

ハードコア

原題

HARDCORE HENRY

製作年度

2016年

上映時間

96分

製作国

ロシア,アメリカ

ジャンル

アクション

監督

イリヤ・ナイシュラー

製作総指揮

シャールト・コプリー

ウィル・スチュワート

カリーナ・シネンコ

マリヤ・ザトゥロフスカヤ

アレックス・A・ギンズバーグ

トニー・リー

ワン・チョンジュン

ワン・チョンレイ

ジェリー・イェ

ドナルド・タン

ロバート・シモンズ

アダム・フォーゲルソン

オーレン・アヴィヴ

脚本

イリヤ・ナイシュラー

音楽

ダーシャ・チャルーシャ